手書き、名前入り、漢字オリジナルTシャツを作るなら博多「和筆堂」

ホーム 初めての方 和筆堂について お問い合わせ メールでのお問い合わせ
注文はこちらから
FAXで注文
コンセプト&こだわり
制作者プロフィール
提案します!!
過去のオーダー例
文字について
ウェアについて
ラッピングについて
注文方法
よくある質問
手書き文字プリント
プレゼントパック
ペットTシャツ
 

文字について

文字(書体)について
 
「書」の世界でいうところの、いわゆる「書体」というものは、古いものから順に「篆(てん)書」
「隷(れい)書」「草書」「楷書」「行書」という漢字の書体と、平仮名があります。
ここでは、簡単に書体の歴史について説明します。なぜなら、皆さんにご提案する文字の基盤になっているものがどのようなものなのか、を知っていただきたいからです。


・「篆(てん)書

中国の秦時代より前に使用されていた書体を指します。
殷(いん)時代の甲骨文、西周時代の金文、戦国時代の石鼓文(大篆)、さらに秦代に秦の始皇帝によって整理され公式書体とされた小篆というものがあります。全て紀元前のものです。

現代では、「実印」に「小篆」(印篆)が使用されている程度です。(最近ではPCのフォントの中に
篆(てん)書体があるようですが、これは小篆をベースにしたものと考えられます。)現在の文字と
比較すると、文字が複雑であったり、画数が多すぎたり、反対に省略されすぎていたり、文字の形そ
のものが異なっていたりしているものが多いので、ほとんど「読めない」という文字です。「小篆」
以前の書体は、まず読めません。

このような理由から、現代の中で篆書を用いて文字を書くことはほとんど見られません。
しかし、書芸術の世界では、その造形の面白さなどから多くの作品が発表されています。文字によるデザインという観点から見ても、とても面白い書体といえます。ただ、「読めない」のが最大の欠点ではあります。しかし、現在の漢字が誕生した頃の姿の文字ですから、「古代のロマン」が感じられる書体です。

てん書1 てん書2
※篆書で「無」と書いています。

・「隷書

秦の時代に完成した「篆書」は、確かに優雅ではありますが、最大の欠点は「実用性に欠ける」「読めない」ということです。そこで、「速く書ける」「読める」書体として発生した書体が「隷書」です。漢の時代には一般に広く使われるようになりました。

右払いや横画の最後にはね(波磔:はたく)があり、字形が扁平(横長)なのが特徴です。 字体が篆
書と異なり横長になったのは、記録媒体が木(木簡:もっかん)に変化したからです。木には柾目が
あり、縦画を書く際にその柾目が邪魔になり書きにくいという理由から、横長の字形になったといわ
れています。

秦〜漢時代の隷書は、波磔が少ない「古隷(これい)」、その後、芸術性も加味され、波磔が大きい
「八分(はっぷん)」と発達し、漢時代末に完成しました。「八分(はっぷん)」になると、現代の文字とほとんど変わらない文字になっています。ですから、PCのフォントの中にも見られ、サイトに隷書体が使用してあるものを見ることができます。また、本の題名、新聞の題字、官庁・学校・企業の看板の文字、紙幣の券高表示・「日本銀行」・「日本銀行券」などにも使用されています。

扁平(横長)の字形や波磔といった現代の文字とは少し異なる書体ではありますが、「読める」とい
う理由から、日常生活の中にも多用されています。この書体も、デザインの観点から見ると、やはり
面白い書体です。

隷書1 隷書2
※隷書で「無」と書いています。

・「草書

速く書くことができるように、字画の省略が大きく行われている書体です。文字ごとに、独特の決ま
った省略をしますし、一文字につき何通りもの書き方がありますので、文字ごとの形を覚えておかな
ければ、書くことも読むこともできないことが多い書体です。隷書の時代は、記録媒体が木でしたが
、紙が普及するようになると記録媒体が紙へと移行し、それに伴い「草書」が発達しました。

現代では、「読めない」「書けない」という理由から、全くといっていいほど使用されていない書体です。しかし、書芸術では、省略されたために生まれた独特の形と、そして何よりも流れるような線に大きな魅力があります。また、何文字にも渡って文字が続けることができます(連綿:れんめん)から、表現においても大きな変化が生まれるので、頻繁に使われている書体です。(連綿のイメージは、アルファベットの筆記体を思い浮かべてください。)

デザインの観点から見ると、「読めない」ことが一番大きなネックですので、草書の文字そのものを
使うことは難しいとは思います。しかし、その流れるような線は、表現の方法としては、大いに魅力が
あります。

草書1 草書2
※草書で「無」と書いています。

・「楷書

現代における日常生活の中で、最も一般的に使用されている書体の一つです。又、活字として最も一般的に見る書体です。一画一画を続けずに、筆を離して書きます。誰でも書くことができ、誰でも読むことができます。字形も正方形に近い形のものがほとんどですので、漢字のもっとも基本的な書体である、といえます。

楷書は、漢代の標準的な書体であった隷書に代わって、南北朝時代から隋・唐時代にかけて標準となった書体です。日本の教科書体、明朝体、ゴシック体など多数の書体があります。

習字教室や小中学校の書写の時間に、実際に書いた経験があるのではないでしょうか?変化に乏しく、一画一画筆を離して書くため、あまり面白くはない書体だと感じてある方も多いと思います。

しかし、逆に言えば、「一画一画筆を離して書く」という定義さえ守れば、楷書ということになります。
歴史の中では、本当に様々な楷書があります。時代背景や書いた人の性格、書いた時の書いた人の感情、文字を書く際に込めた思い・・・等により、太い線のもの、細い線のもの、力強いもの、優しいもの、とぼけた感じのもの、暴れたようなもの、おとなしいもの、格調が高いもの・・・。キリがありません。ですから、文字をデザインするにおいて、非常に扱いやすい書体の一つともいえます。しかも「読める」わけですから。

楷書1 楷書2
※楷書で「無」と書いています。

・「行書

現代における日常生活の中で、楷書と並び一般的に使用している書体の一つです。楷書が一画一画をきちんと書いているのに対し、行書体ではいくらかの続け書きが見られます。しかし、草書のように、楷書と大幅に字形が異なるということはないために、楷書を知ってさえいれば、読むことは可能です。

現代では、行書は日常的な筆記体として広く通用しています。中学の書写の時間で、行書の毛筆・硬筆が取り上げられ、筆順の逆転や連綿、省略法など楷書との違いを学びます。

こういう風に書くと、何か難しそうですが、楷書よりも速く書くことができる書体です。 例えば、メモを取る時などついついパパッと文字を書くときがあるはずです。後からその書いたメモを見直すと、意識して書いてはいないのですが、線と線が続いている(画と画が線で繋がっている)はずです。字(楷書)を速く書いたものが、行書です。多分、手書きで文字を書いた場合のほとんどが、行書です。

デザインにおいても、「読める」ことに加え、様々な表現を加味することが可能な書体ですので、多分、最も頻繁にデザインソースとして使用する書体だと思います。

行書1 行書2
※行書で「無」と書いています。

・「平仮名

日本独自の文化(和様文化)として、平安時代に確立された書体です。ひらがなの元となったのは万葉仮名という書体です。「あ」は「安」、「い」は「以」に由来するなど、万葉仮名として使用されていた漢字を、極端に草書化して成立した文字です。字数は万葉仮名で用いられた字数に比べて圧倒的に少ないのですが、それでも平安時代は300種ほどの字が見られます。室町、江戸とくだって明治に入る頃には、百数種にまで減少していました。最終的には1900年の小学校令において、一音一字の原則が立てられ、それが結局普及し、50字になりました。小学校令に使われなかった「かな」を、平仮名と区別して変体仮名と呼びます。

デザインにおいては、変体仮名は使うことはほとんどしません。やはり「読めない」からです。平仮名も、書き方によっては、力強くもなり、優しくもなり、また漢字ばかりの文の中に入るとちょっとしたアクセントにもなります。

日本が生んだ、世界に誇れる文字文化だと思います。

ひらがな1 変体仮名
※平仮名の「む」と変体仮名の「む(牟)」

さて、簡単ではありますが、手書き文字をデザインをするための書体について説明しました。
「和筆堂」では、これらの各書体について、今までに得た知識や技術を駆使し、ご要望の文字を揮毫(きごう)します。
こういう風に書いてほしいという希望や、文字の意味などから、デザインを考え、ご納得いただき喜んでいただけるよう、誠意を込めて揮毫いたします。

作品の到着を、楽しみにお待ちください!!


過去のオーダー例はこちら
今までの漢字、言葉、文字Tシャツ等を掲載しています。

文字サンプルを作ってみました。
文字サンプルはこちらをご覧ください。



ホームご利用ガイドサイトマップリンク特定商法取引個人情報保護についてお問い合わせ
コンテンツ・素材等を管理者の許可無く無断で、他のサイト・印刷物等転載することは固く禁止致します。
Copyright (C) 2012 和筆堂. All Rights Reserved.